家計簿アプリマネーフォワード【無料】を6年使って感じたこと「やっててよかった!」

マネーフォワード

こんにちわぱぴっと太郎です。

世の中の子育て家庭は一体どうやって家計簿を管理しているのでしょう。

やはり家庭によって様々で、手書きで管理している人、エクセルで管理している人、はたまた家計簿アプリを使って管理している人。

そんな、家計簿事情について、今日はぱぴっと太郎が2014年から愛用している家計簿アプリについて紹介しようと思います。

結論いうと、Money Forward Me〜マネーフォファードミー~が非常にオススメです!

実体験も記事に載せますので参考にしてください。

おすすめ家計簿アプリ『Money Forward Me(マネーフォファードミ)』

早速結論なんですけど、ぱぴっと太郎のおすすめの家計アプリはマネーフォワードMEですね。

ぱぴっと太郎はお金を支払う時も、できるだけ効率よく管理したいな~って思っていた時、アプリを使って家計簿つけれないかなぁ、って感じてたことがあったんですよ!

そして

「家計簿 アプリ」

って検索をリリースしたての家計簿アプリのマネーフォワードMEに出会ったわけですね。(2014年当時30歳前後)その頃を思い出すと、ANAクレジットカードやEdy(今の楽天Edy)とかを使って、とりあえずポイント稼いでみよう~みたいな感覚でできるだけカードで支払いするようになって言ってたのを思い出しました。

当時はあまり他のアプリのことを調べずに、マネーフォワードをすぐにダウンロードして活用していたんですけど、今はアプリがたくさんありますよね!

当時からおすすめアプリとして名前が上がっていて、しかも今もなお不動の人気を誇っているという面からしても、客観的にもマネーフォワードはおすすめできるアプリなんだと言うことができますね!

マネーフォワード使うと便利なこと

この家計簿アプリ「マネーフォワードME」を使うと、お金の収支を見える化することができます!

手書きではできないデータ管理

家計簿って手書きでもかけるし、極端に言えば家計簿つけなくっても全然困らないじゃん。

っていう人。いるわけですよ。

いやいや、確かに困らない、と言われれば困らない!

けど、これって

「半分正解で半分正解じゃない」と思っています!

自分が、何にどれだけお金を使って、どれだけ給料をもらったか、もしくは稼いだか、マネーフォワードを使えば、一年間の支出や収入を把握することでお金の管理ができるので、将来のお金の使い方に見通しがつく点は大きなメリットかと思います!

ちなみに、マネーフォワードが管理できる項目ってすごく多いんです。

使用しているぱぴっと太郎でも驚くほど多くて、全部使い倒せる気がしません。

<例えば>

銀行、労金・信金・信組、JA・JF、証券、投信、仮想通貨・FX・貴族類、カード、年金、電子マネー・プリペイド、ポイント、携帯、その他、通販、スーパー、保健、そして不動産。

そんななか、ぱぴっと太郎が使っている項目はというと

  • 【銀行】楽天銀行、住信SBI銀行、地方銀行
  • 【カード】Yahoo!カード、楽天カード
  • 【電子マネー】楽天Edy、(Paypayも使いたいけどまだ登録できないです)
  • 【通販】Amazon、楽天市場
  • 【ポイント】Amazonポイント、楽天スーパーポイント、楽天ポイント運営
  • 【証券】SBIネオモバイル証券、楽天証券
  • 【年金】SBIベネフィットシステムズ(←これ、iDecoです)
  • 【携帯】楽天モバイル
  • 【財布(現金管理)】名称:ぱぴっと財布
  • 【その他保有資産】共済積立

ざっとこんな感じ。

以前調べたことがあるんですが、国民年金も年金番号が分かれば管理できるとのことだったんですが、面倒なのでやっていませんが、、もしこの辺の「ためしにやってみてほしいな」的な要望があればやってみますね!

こんな風に、多方面の資産が管理できるわけです!しかもほぼ自動で!

放ったらかしでも半自動で家計簿つけてくれます

実はライフスタイルが変わって、随分忙しい時期があって、一年間ほったらかしにしてた時もあったんですが、マネーフォワードは頑張って家計簿をつけていてくれました。

このときには、正直ほれぼれしましたね!いいアプリいれておいてよかったな~って!

マネーフォワードありがとう!

コメント