【資産運用】種類が多くて悩んでる方必見!!初心者のための資産運用2選!

資産運用

突然ですが“老後2,000万問題”というワードをご存じですか?
簡単に言うと「老後の年金だけでは2,000万足らない生活になる」という事が金融庁より近年発表され、大きな話題を呼びました。

このニュースをきっかけに、自分の老後の生活に危機感を持った方は多いでしょう。
実際、老後のために資産運用を検討する方が急増しました。
ところが、日本人の個人金融資産は預貯金・年金・保険などが8割以上です。

資産運用を始めるにあたり躊躇してしまう方が多いのだと思われます。
資産運用って怪しいし胡散臭く感じてしまいますもんね…。
株やFX・多大な損失や悪質な詐欺、といったイメージが一般的に先行しているからでしょう。
私も昔は、資産運用に対して胡散臭いイメージを持っていました

今回はFP(ファイナンシャルプランナー)に相談してきた私が、“初心者の方におススメの資産運用の始め方”を紹介致します。
皆さんが一歩踏み出すキッカケになれたら幸いです。

そもそも資産運用って何?

資産運用とは、自分の資産を増やしていく事です。
かんたんに言うとは
自分の資産(預金等)を長期的に渡って少しずつ増やしていくといったイメージです。

学校ではお金の稼ぎ方を学びましたが、手に入れた自分のお金の活用の仕方までは学びませんでした。
それが原因か、資産運用についてあまり理解してない方が詐欺にあったというケースも多くあります。

一般的には資産運用と言えば“株”という印象も浸透してしまっています。
更にいうと、“投資”という言葉だけで怪しいと感じる方も多いです。

なので、私自身が怪しまれないためにさっそく私のおススメの資産運用を紹介します♪

FPに聞いてきました♪資産運用の始め方!

初心者におススメなのは“投資信託”です。
ファンドマネージャーといってプロに運用を任せる事が出来ます
資産運用がどういったものか全体像を把握したいだけの方にもおススメです。

ただ、投資信託というのはプロに委託する形になるので、

  • 販売手数料
  • 信託報酬

というコストがかかってしまいます。

ですが、販売手数料がかからない、ノーロードファンドというものもあります。
始める際に、担当者に確認しておいた方が良いでしょう。

ネット証券・証券会社で手続きをする!

お金のことなら銀行へ!!
といって、銀行に行って証券口座の開設手続きを始ようと考えている方も多いと思います。

ですが、銀行は個人的におススメしません。
銀行でおススメされる投資信託は銀行側が儲かるようにできていたりする場合もあります。
つまり、投資する側にとっては資産が一向に増えないという可能性があるわけです。

ファイナンシャルプランナーに相談してきた私としては、
ネット証券や証券会社に行って手続きを始める事をおススメします。

もしくは、ファイナンシャルプランナーに相談しても良いかもしれません。
ただ、ファイナンシャルプランナーは資産運用について詳しくない方もいるので実際に会って話してみてから判断してください。

次は、資産運用するにあたり開設するべき口座について書いていきます。

iDeCo・つみたてNISA  2つの口座を開設する!

証券口座を開設するにあたり、iDeCo・つみたてNISAの2つを開設する事をおススメします。

2つの口座の特徴、メリット・デメリットをまとめて見ました。

iDeCo

  • 個人型確定拠出年金(老後資金を貯めるために適した口座)
  • 月額5,000円から始めることができ、1,000円単位で積立額を上乗せしていく事が出来る
  • 60歳になるまでは途中で引き出すことが出来ない
  • 加入している年金制度によって積立できる上限が決まっている(年額約14万~82万)
  • 税制上で大きな優遇を受ける事が出来る

上記がiDeCoの主な特徴です。次は主なメリット・デメリットを挙げていきます。

メリット
・税金が安くなる
・商品の種類が多く選びやすい

デメリット
・加入できる年齢は60歳未満まで
・60歳までお金を引き出せない

というのがiDeCoの主なメリット・デメリットになります。

つみたてNISA

  • 少額投資非課税制度(年間40万までの投資の運用益が非課税になる)
  • 月額100円から始めることができる ※金融機関によります
  • いつでも引き出すことができる
  • 年額40万まで積立できる
  • 税制上でiDeCo程ではないが優遇を受けることが出来る

上記がつみたてNISAの主な特徴です。次は主なメリット・デメリットを挙げていきます。

メリット
・少ない金額から始めることが出来る
・いつでもお金を引き出す事が可能

デメリット
・税金がiDeCoより安くならない
・商品の種類が少なく限定されている

というのがつみたてNISAの主なメリット・デメリットになります。

iDeCoとつみたてNISAどちらがおススメなの??

私としては最初に開設するなら、つみたてNISAをおススメします。
なぜならiDeCoは税金面で優れていますが、途中でお金を引き出す事が出来ません。

一方つみたてNISAはいつでも引き出せます。
急な出費の時に助けになってくれるのが心強いです。

よって私は、先につみたてNISAを開設して資産運用に慣れてきたり、資金に余裕が出来てきたころにiDeCoを開設するのがおススメです。

iDeCoとつみたてNISAについて簡潔に説明しましたが、初心者の方は話を完全に理解するのは難しいと思います。私も初心者の頃は全く理解できなかったです…

今回は大まかな特徴しか説明していませんが、詳しく説明している動画を載せておきますので、参考にしていただけたら幸いです♪

積立NISAとiDeCoの違いを比較!併用・使い分けのやり方を解説!

「ハイリスク・ハイリターン」「ローリスク・ローリターン」が原則

金融にはリスクがつきものです。よって主に下記の2種類に分かれます。

  • “ハイリスク・ハイリターン“→リスクが大きい代わりにリターンも大きい
  • “ローリスク・ローリターン“→リスクが低い代わりにリターンも低い

リスクがなければリターンはないです。
それを受け入れなければ資産運用を始めることは出来ません。
また、先ほど紹介したiDeCo・NISAはローリスク・ローリターンになります。
初心者の方がいきなりハイリスク・ハイリターン(株、FX等)を始めるのは絶対におススメしません。

資産運用で学べる事

資産運用では、お金が増えるだけでなく自分自身も成長します。
投資に関わっていると勝手に経済や金融の知識を得ることが出来ます。

つまり、経済の動きが分かるようになります。
私も資産運用を始める前は経済の動きが全く分かりませんでした。
経済や金融の知識を学べたので、先日あったアメリカ大統領総選挙にも興味を持てました。

大統領選の時期は株価の動きが大きかったからです。
経済は繋がっているし日本にも影響があるという事を改めて実感できました。

また、継続する力も学べます。

  • 元金が割れたら
  • これ以上損をしたくないと
  • 資産運用を辞める方

↑そんな方もいます(^^;
たしかに、必ず損をする事はあります。
しかし、損失を出さない最適解もあります!
そんな安全な運用ができる方法を私と一緒に探していきましょう♪

まとめ

・資産運用は正しく使えば安心!
・プロに任せる事ができる投資信託から始める!
・ネット証券や証券会社で手続きをする!
・iDeCo・NISA 2つの口座を開設する!
・リスクがあってこそリターンがある!知識と一緒に自分自身も成長していく!

始めはプロに頼り知識をつけていき、慣れてきたら新しい投資を始める事を私はおススメします。
私も昔は、プロがいないと一人では何も出来ませんでした。

今はプロに頼りながらも少しずつ成長を実感し、自分で新しい投資を探している最中です。
始めるに当たり目標が大事です!!
なんとなく増やしたいという考えではゴールがないので計画も立てれません。

  • 老後の資金に充てるため
  • 子供の教育費のため
  • マイホームを買うため

などなど。
自分に合った長期的な目標を持ってみて下さい。
将来のゴールを決めて少しずつ歩き成長していく。
それを体験できるのが資産運用の良いところだと思います♪

今回は一部の種類だけしか紹介してないですが、他にどんな種類があるか気になる方はご覧になってください。

【お金の授業①】〜学校では教えてくれない「資産運用の鉄則」素人が必ずハマる罠編〜

ここまで読んでいただきありがとうございました!

コメント