【資産運用】ネオモバとLINE証券の棲み分けになやむ理由

LINE証券


12月10日の資産状況は
216,481.7円 -537.2円(-0.25%)

以前のブログでもお話ししましたが。
私のネオモバ証券口座の保有銘柄の中にはドコモ株があります。
そのドコモ株、実は1,000円台で買うことができた株です。
それがIBOで3,000円になり、含み益がドコモだけで2,000円分発生しているというのが現状です!

そのドコモ株はYahoo!ファイナンスのマイポートフォリオのなかからは消し去りました。
なぜなら、もう利益確定したのと同意のドコモ株をずっとYahoo!ファイナンスに入れておくと、いつまでも含み益が出たままなだ~と自分が痛い勘違いをしてしまわないか心配だったからです。

あともう一つ。
これもブログで書いたかもしれないのですが。
以前、「日本M&Aセンター」の株を買いました。
結果的にいくつか反省点はありますが、このM&Aは私が購入してから下がっているので値上がりを目論んでいた私としては想定外です。

そして、反省点は何かというと
・短期中期の保有戦略なのでネオモバで買わない。
・高配当株専用のネオモバと同じ口座になってしまって、損益がごちゃごちゃ。

計画を練っても、その通りにできないなんて、反省です( ;∀;)

ところで、LINE証券はやっぱり取引手数料がかかりました。
買うときは手数料無料とのことでしたが、売るときに99円の売買手数料がかかるそうです。
99円ってなかなか高い手数料だと思います。
例えば2,000円の株を買ったとすると、約5%の値上がりを待たないと手数料負けです。
私のような1株売買投資家にとっては、2,000円を5%上げるのは結構しんどいですね。

しかし、1株10,000円の株だと話は別です。
1%上がれば100円です。それで手数料分は賄えることができるという考えです。
そうかそうか、1株ホルダーではあるけど、高めの株を買う方がいいのかもしれないと持った私でしたが。
さらに言うと、1株だけではなくて、例えば2,000円の株を5株買うことで10,000円になりますから、それでもいいかもしれないですね。
まだまだ、考えがまとまらないまま、LINE証券の証券口座の使い道に悩むぱぴっと太郎でした。

いくつか行動するためのアイディアとしては
とりあえず、売るときの手数料を考えず、体験としてグロース銘柄を購入する。
そのグロース銘柄っていうのは、考えの中では3,000円とか6,000円とかの価格帯を考えています。

この考えに至った理由としては、やっぱり経験や体験などのはじめの一歩が大切だからです。
LINE証券もそうなんですが、LINE全般のサービスを私が使ったことがないっというのが、一つのハードルになっていると自覚しているのです。
LINEペイって何。
LINE@って何。
LINE FXって何。
そんな感じで、LINEについては結構情弱な私。
これはいかんと、早めに体験は済ませた方が良さそうだと考えています。

もう一方の案としては、
1万や2、3万といった風に1銘柄の価格が(私にとっては)高いという株です。
たとえばどんな銘柄があるかというと。

レーザーテックや
ニトリHD
オービックや
キーエンス
そしてダイキンどがあります。

いつかは買いたいな~と思って、これもYahoo!ファイナンスのマイポートフォリオに組み入れた銘柄です。
いつでも迷わず、買えることができるようにと、”殿堂入りグロース株”として保存している銘柄たちです!
いつかこの子らにもスポットを当てられる日が来てほしいです!

今日は見出しを入れずに書いてみました。!
それではまた!

コメント