ポイ活と相性抜群のクレジットカード「kyash」の魅力

クレジットカード

どうも、ぱぴっと太郎 @papitt_taro です。

労は惜しまないタイプです( ´ー`)

というのは、スタートダッシュで頑張った分、後が楽なるものが好きです。例えば、還元率の高いクレジットカード選定とか、電子マネーとか。

そんな私ですが、前々から頭の片隅で気になっていたサービスがあり、この度晴れてデビューすることができたので紹介しますね!

決済・送金アプリ『kyash』

それが株式会社kyashが提供する、決済・送金アプリです。
アプリからVISAプリペイドカードを発行することができ、クレジットカードなどからkyash残高にチャージすることができます。

今回、ぱぴっと太郎が利用をスタートさせたのはkyash Cardとなり、アプリ上のヴァーチャルなクレジットカードではなく、リアルなカードとなります!

そもそもkyashってなんでしょう

kyashはクレジットカード型のプリペイドカードです。
クレジットカードなので、クレジットカード対応の通販サイトなどで利用が可能です。

しかも

  • 年会費¥0
  • かんたん申し込み
  • 年齢制限なし

と、誰でも簡単に利用することができます。

そして、ここが面白い仕組みなのですが
プリペイドカードなので、お金をチャージしないといけません。

クレジット決済もkyashを経由することで1%還元を実現

もともと、楽天カードをヘビーユーズしていたぱぴっと太郎。
Amazonでのショッピングも、ふるさと納税も、積立NISAも、クレジットカードで払えるものは楽天クレジットカードで支払うことを徹底していました!

チャージは現金ではなく、クレジットカードから可能

なんとkyashはクレジットカードでkyash残高をチャージできるクレジットカード型プリペイドカードなのです。

Kyash Visaカードとは?

クレジットカードまたはデビットカードをリンク(登録)することで、いつものカードが安心に、快適に使えるようになるVisaカードです。Visa加盟店ならオンラインでも実店舗でも全国で利用できます。

カードをスマホに登録すれば、スマホひとつでQUICPay+加盟店の決済にも利用できます。

Kyash Visaカードのラインナップは、「Kyash Card」「Kyash Card Lite」「Kyash Card Virtual」の3種類です。

kyash公式サイトより

kyashアプリでできること「kyash残高へのチャージ」

チャージはもちろん自動でできます。
ぱぴっと太郎が好きな、一度設定してしまえば後は自動でことが進んでいくタイプです。

ちなみに、ぱぴっと太郎は、楽天カード一択で、即登録しました。
登録方法は超簡単なので、kyashアプリをインストールしたらすぐに登録してしまいましょう。

まず、kyashアプリから「新しくカードを登録」を選択

次に、チャージするカードの情報を入力していきます!

  1. カード番号の入力
  2. カード名義人
  3. 有効期限(月/年)
  4. セキュリティオーコード

『1.カード番号の入力』は、VISAかMasterCardじゃないと登録できないので注意してくださいね!実は、ぱぴっと太郎が長い間kyashを利用していなかった理由がこれ。

楽天カード発行した際、JCBを選択していたのです。それが、楽天カードの鬼ユーザーになったのをきっかけに、楽天ゴールドカードへの招待が来て、切り替えた方がお得と判断したのをきっかけに、楽天ゴールドカード(VISA)の利用を開始したのです (´Д`ノ)ノヤッタネ‼︎

『2.カード名義人』はチャージするカードの情報を入力していきましょう。ここはkyash Cardを利用する本人名義じゃなくても大丈夫です。

『3.有効期限』と『4.セキュリティーコード』は間違わないように入力していきましょう!

1〜4までの入力を押して、最後に「登録」をクリックすると自動チャージ設定は完了です!

まとめ:kyashを使うタイミング

一度、kyash残高にチャージすることを自動に設定することで、今後ポイントが自動で貯めることができるkyash。これは、使わないわけにはいきません。

最後にまとめとして整理しましょう。

楽天市場など楽天カードの利用が優位な場合は→『楽天カード』
※楽天市場、楽天証券、楽天でんき、楽天モバイル、楽天Edyや楽天payのチャージなど

それ以外のクレジット払いはkyash Cardを利用する

もし、お店側がkyashに対応していない場合があれば、楽天カードなど他のクレジットカードを利用する

コメント