【好感】米国ETFで長期の資産運用をすすめる3つの理由とおすすめの証券会社

資産運用

株式の上げ下げは個人投資家にとって一喜一憂するもの。
人によっては神経がすり減ってしまい悩んでいる方もいるのではないでしょうか。(辛い!)

私は少しでも安定した資産運用を目指したいので、米国ETFの長期投資を実践しています。
なぜなら、一部の米国株や米国ETFへの投資は、長期であればあるほど安定した資産運用の実現に近づける魅力的なものだと言えるからです。

米国ETFって聞いたことはあるけど、そんなに魅力的なの!?

今回の記事では、実際に米国ETFの長期運用を始めた私が、どうして米国ETFをすすめるのかを紹介していきたいと思います。
この記事が

  • 米国ETFに興味のある方
  • 安定した資産運用を目指したい方

そんな方々にとって、少しでも役にたれてばともいます!

どうして米国ETFで長期投資するのか

どうして長期運用をするのに、あえて米国ETFを選択するのか。
確かに資産運用をするなら、投資信託をするのが比較的オードソックスな考え方ではないでしょうか。

当の私もつみたてNISAを活用し年間約40万円を投信積立しているので、上のような疑問を持たれるのも一理ありますね。

しかしながら、米国ETFも投信積立に負けず劣らずの優秀な資産運用の一つとしておすすめできるのです!
今回は以下の3つの理由で説明していきたいと思います。

  • 理由その1 世界経済成長の恩恵を受けられる
  • 理由その2 リスク分散が可能
  • 理由その3 着実なインカムゲインが期待できる

そして、おまけとして米国ETFを長期に安全に運用することができるSBI証券を紹介していきます!

それではいってみましょう!

理由その1 世界経済成長の恩恵を受けられる

これまで世界経済は幾度とない困難にも打ち勝ち、立派に成長してきました。
そして、それは人が経済活動を行なっている限り、より良い世界を目指し経済は発展してくことが期待できます。(世界経済、かっこい〜)

そして今現在その世界経済をリードしている経済大国アメリカ!
世界全体に占める各国名目GDPの約1/4をアメリカが占めていると言われています。

さらに、世界有数の一流企業が多く集まっているアメリカ。
Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoftといった、日本でも誰でも聞いたことのある大大大企業もありますし、その他にもコカコーラやP&Gなども名を連ねます。

改めて見るとアメリカってすごいね!

このように、米国ETFに投資は、こういった世界的に有名な企業に投資できる点が大きなメリットになります!

さらにアメリカは、

  • IT産業
  • Eコマース産業
  • そのほか幅広い分野

など、世界シェアトップレベルの企業が山ほどありますし
これらの企業の将来性というのは持続的な成長を高く期待できますよね!

なぜなら!
これまでも常に世界をリードする最先端の技術を開発してきた歴史をもち、今もなお、新たな発明やサービスを生み出しているのが、アメリカだからです( ´ー`)

そんなアメリカが、この先の中長期的な未来で世界をさらにリードしていく国であり続けるビジョンは容易に描けるかと思います。

だからこそ、米国ETFに投資することは、このようなアメリカの成長性の旨みを上手に取り込めるメリットがあるのです。

理由その2 リスク分散が可能

リスク分散という言葉でよく紹介されているのが
「1つのカゴに卵を盛るな」といいう格言ですね!

投資の勉強をしたら、その言葉よく出てくるんだよね!

大切な卵を一つのカゴに全て持っておいてしまうと、もしそのカゴに万が一のことが起きてしまうと全てが台無しになってしまうことの例えです。
これは、株式の世界にも言い換えることができて、

  • 一つの株
  • 一つの業種
  • 一つの国
  • ここで当てるぞ集中投資!

こんな感じで集中投資してしまうと、万が一のことが起きて待った時、大きな損失を被ってしまうのです。

では、私たち個人投資家に求められるのは何かというと、分散投資です!
そして米国ETFでは、さまざまなセクターで構成された銘柄が豊富に用意されており、個々に適した銘柄を選び上手に分散投資することができるのです。

理由その3 着実なインカムゲインが期待できる

米国ETFを長期資産運用の一つとして選択するメリットが、配当金を受け取れるということです。

米国ETFだと配当金受け取れるの!?魅力的!!

アメリカには株主に対しての還元志向が日本よりも高い傾向にあります。
その表れとして、米国株には高配当株が多くみられ、しかも経済の成長が右肩上がりのアメリカだけあり、連続増配を長期に続けている企業も珍しくありません

米国ETFには、その高配当銘柄を寄り集めた高配当ETFならぬ米国高配当ETFも見つけることができます!

ちなみに、私も米国ETFを買い付けており、それが紛れもない米国高配当ETFっス!ちなみに銘柄はSPYDとHDVとなっています。

米国ETFの定期買付ならSBI証券一択

このように米国ETFには魅力的な銘柄が豊富にあり、個人投資家にとっても魅力的な投資先となりうります。

そこで今回の記事のテーマは長期資産運用!
私のような一般庶民が長期的に安定して資産を運用するためには、定期的に一定額の買い付けを行うドルコスト平均法が最適解です。
そしてこれは、私以外にも多くの人が当てはまるでしょう!

そして、その定期積立。どの証券会社でもできるわけではないのです!
私がつみたてNISAで愛用している楽天証券でもできないのです。(いつか出来るようになるのを願うばかり)

それでは、どこの証券会社を利用したらいいの?

定期買い付けサービスとは

米国ETFの魅力を少しでも感じてもらえたでしょうか。
右肩上がりの成長を見込める米国ETFであれば、もう機械的・定期的に買い付けするサービスがあると、とっても便利ですよね!

そんな定期買付のサービスを実現させたのがSBI証券です。
SBI証券のおかげで個人投資家にも下記のような恩恵を受けられます!

  • 日付や曜日ごとに設定できる
  • 金額や株数を設定できる
  • 米国株や米国ETFを定期買付できる
  • 毎月自分で設定したタイミングで自動買付

このサービス、待ってました!(楽天証券にも追随してほしい…)

いつ始めたら良いのでしょうか

よくある質問で
「どのタイミングで定期買付を始めたらいいですか?」と質問がありますが。
答えは、今です。(ほんと、思い立った今です)

おそらく、株は安い時に買ってこそ利益を得られるという考えが少なからずあるず。
けど思い出してください。米国株は右肩上がりの成長性のある有望株です。
想像してみてください(目を閉じて〜)
今目の前にある株価は、5年後、10年後そして20年後にはどのくらいになっているでしょう。(めっちゃ上がってるーーー!)

そう、今目先の株価に捉われることなく、長期的な資産運用に立ち戻り
さらにより安全に資産を守るためにドルコスト平均法をフル活用した資産運用を心がけるのが王道です!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
大切なお金をただ寝かせておくのではなく、安全な長期投資で運用することは、老後の生活にきっと役立つでしょう。

そのために米国ETFでの長期運用は、皆さんのお金を上手に働かせて、より豊かな生活をもたらせてくれるんじゃないかと思っています!

しかし、放ったらかしではいけませんよw
少しだけでも、お金の勉強を始める必要はあります!

なんだかんだ投資は自己責任。誰かの知識に頼りすぎず、自分で考えられるようにしなきゃだね!

私も元々は全然株になんて知識はありませんでした!(本当です!)
でも誰だって1からのスタートってありますよね!
これまでの人生で最初から知識豊富だったものなんて、なかったと思います。

株だって同じです!
少し勉強すれば、安全に資産運用できる方法はすぐに分かります。
今回、記事の中でも紹介したドルコスト平均法が安全な資産運用のための投資法の最適解だと考えていますが
その投資方法に必要なのは20年、30年といった長期の資産運用です。

情報はググればいくらでもあるし、YouTubeにも説明上手なYouTuberがたくさんいます!
お気に入りを何人か見つけて、毎日10〜30分の動画を見るだけでも、とても勉強になりますよ♪

それでは、良い資産運用を♪

コメント