楽天証券のつみたてNISAが最適解!おすすめできる4つ魅力

どうも、2019年10月から積立NISAを開始している私です。

当ブログでは資産運用について私の実践を記録しているわけですが。
みなさんは証券会社はどちらを利用されていますか?
わたしは、特にこだわりというこだわりはないので、
楽天カードで積立ができる楽天証券を利用しています。(これが現状最強)

しかし、世の中にはたくさんの証券会社があるので、
もう少し探してみると楽天証券よりも、もっと優れた証券会社が存在するかもしれません。

と言いつつも、こうやって私がこれまで楽天証券を使い続けてきて、
👨「やっぱり楽天証券でいいかも!」
と思える理由をこれから紹介していきたいと思います。

目次

【楽天証券のすすめ その①】楽天経済圏のうちのひとつ

誰にだって初心者の頃はあるもの。
わたしだって、iDeCoやつみたてNISAから資産運用をはじめました。

もちろん初心者だったわけですから、
証券会社やら証券口座やら、右も左も分からないわけです。

けど、そんなわたしでも楽天カードだけはお得ということで長年使っていました。
そしていろんなサイトやYouTubeで楽天証券のことを調べた結果、楽天カードと相性がいい楽天証券はオススメということを知りました、

私のような楽天カードや楽天市場などな
楽天経済圏で暮らしていこうと考えている方にとって最適解なのが
楽天証券だと思います。

【楽天証券のすすめ その②】楽天証券でポイント投資すると楽天市場のSPU+1倍UP

ぱぴっと家の家族構成は、妻、長女6歳、次女4歳、長男2歳、そして私の5人家族。
そんな我が家は楽天市場を結構よく使います。

・妻はよく楽天BOOKsで本を購入し
・私は長男2歳のオムツを毎月のように購入
・そして生活必需品の購入

上の画像は私の楽天市場でのお買い物時に適用されるSPUの倍率。
見ていただけるとわかると思いますが7倍です。

以前は「楽天でんき」や「楽天ゴールドカード保有」などの条件も当てはまり
楽天スーパーポイントアップは最大10倍まであがってました。

1000円の商品を買うとポイントとして70ポイントゲットできます。
なかなかの還元率ですよね。

その倍率をあげるために一役かっているのが『楽天証券』です。
楽天証券の利用条件を満たすことで、SPUをアップさせることができます(´・з・`)

条件といっても、

楽天証券を開設して
・ポイント投資の設定をするだけなので
・ハードルとしては低めでした!

その点も、多くの人に楽天証券が利用されているポイントのひとつだと思います!
だってお得ですから☆

【楽天証券のすすめ その③】積立NISA33,333円/月の積立額に対してもポイントが付与

これは結構なインパクトがあります。
積立NISAでは毎月の投資額を設定しておくと、毎月自動で積立されていきます!

しかも、楽天証券の場合は積立を楽天カードで支払うことができるのが最大のメリット。私は積立を楽天カードで払っているので、33,333円の積立額に対して1%のポイントが付与されます。

33,333円×楽天カード1%還元=333.33ポイント

つまり、毎月333ポイントは必ず入ってくるわけです。
投資もできて、それに対してポイントもゲットできる。

👨「なんてお得なんでしょう!」

最近ではSBI証券などの大手ネット証券でも
クレジットカードでの投資信託買付枠を用意して来ているようです。
いい時代になりました!

【楽天証券のすすめ その④】溜まったポイントで再投資

これすごいです。
私が楽天証券を使っていて、「ムフフ」と思うポイントの一つが、溜まったポイントを投資信託や積立NISAに使うことができるのです。

楽天ポイント利用実績

2020年6月13日のポイント利用を見てみましょう。
赤枠で『4,262ポイント利用』と表示されていると思います。

そこに「楽天証券 投信積立でのポイント利用 交換申請受付中」ってあるのを探せますか?
そうなんです。積立額33,000円のうちの4,262ポイントはポイントで払うことができているという意味です!

余談ではありますが、2020年6月11日にも7,758ポイント利用があります。
これは楽天エナジーと表示があり、つまり「楽天でんき」のことです。
この月はポイントで全て払ったので、電気代は実質0円です( ´ー`) お得♪

【2021年更新6月】
楽天でんきがSPU対象外となり、楽天でんきからシン・エナジーへ電力乗り換えました。
『エネチェンジで電力比較!シン・エナジーにお得に乗り換え体験談

世間では、積立NISAだけではなく、投資信託にもポイント利用する人もいますね!
このように、楽天証券でポイントを最大活用することができるのも楽天証券を資料するメリットですよね!

【楽天証券のすすめ その⑤】日本経済新聞が閲覧できる

もともと新聞など読むことはないので、あまり(全然)活用はしていませんが
楽天証券を開設すると日経新聞(朝刊・夕刊)をタダで読めるようになります!

iSPEEDという楽天証券のスマホアプリが必要にはなるのですが、
興味のあるニュースだけでもピックアップして読むということで、メリットはありますよね♪

【楽天証券のすすめ まとめ】メリットいっぱい楽天証券

世の中の資産家たちは、ほぼ100%証券口座を持っているそうですよ。
私は2019年後半にしか証券デビューをしていないのですが
実はもう少し若い頃に、地方の銀行で「投資信託」というキーワードには少なからず興味はありました。

が、、、訳が分からず、手をつけていなかったのが実の話です。

今は、インターネットを利用して簡単に証券口座を持つことができて
私みたいなビギナーからプロの個人投資家が、開設の方法などを公開していて、私でも開設することもできます!!

つみたてNISAも素晴らしい国の政策なので、ぜひ活用してほしいと思います!
結論はメリットいっぱいの楽天証券ですので、迷わず口座開設オススメします♪


つみたてNISA経験者として「こんな人は楽天証券でつみたてNISAを始めるべき」って人を3つのタイプに分けてみました。

楽天証券でつみたてNISAを始める時に必ず設定して欲しい4つのポイントを説明しています。
お得に資産運用始めましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる